吉賀町カタクリの里にて自然食品の生産・販売を行っている山吹グリーンファーム。

寛ちゃんブログ

2015年1月 アーカイブ

誕生日

2015-01-18 20:51:12

 s-DSCF1435.jpg孫がバーバーの誕生日にメッセージをくれました。「いつもプリンやらおもちやらつくってくれてありがとう。」と、可愛らしいメッセージでした。

 プリンは昨年から少しずつ造り始めました。朝一番搾りのジャージー牛乳、トウモロコシを主体にした植物性の餌で飼われている鶏のけんこう卵(秋川牧園)、ビートグラニュー糖のみで造っています。とっても美味しいと評判です。

s-DSCF1344.jpg 餅は、黒米、よもぎ、かぼちゃ、紫芋を使用して、五色で以前より販売しております。

 近くの道の駅やくろ、益田市のスーパー、キヌヤの西益田店・中吉田店・東町店で現在販売してもらっています。4月終わり頃まで販売予定です。

 水曜日と土曜日にその朝の搗きたての柔らかい餅を納品しています。あん餅3個入りと5個入り、あんなしの平餅5個があります。写真はあん5個入りです。

 ジャージー牛の堆肥を散布した田んぼで、生活排水の混入していない、飲み水にも使っている山水で栽培した自家栽培のもち米・黒米で造っています。あんの小豆は地元産、又は北海道産を使用、砂糖は白三温糖(マルシマ)を使っています。

 是非、ご賞味下さい。よろしくお願い致します。

2015年始まりました

2015-01-06 20:34:25

s-IMG_1504.jpg今年もよろしくお願い致します。

 この写真は昨年秋、「新米」で新聞に載せてもらった記念になる両親との1枚です。

 私のところは昔ながらのはぜ干し(天日乾燥)で収穫をしている田んぼもあります。はぜ干しは2週間ぐらい太陽を浴び、自然の風に吹かれ乾燥します。その間に茎のうまみが籾にいくと言われています。

 籾をとった後の稲わらはジャージー牛の飼料にしたり床敷にします。そして、それらを発酵させ堆肥となったものを、田んぼに散布して肥料にする循環型で稲作をしています。

 新聞を見て遠くから買いに来ていただいた方も何人かおられ、ありがたく思うと同時にやる気もいただきました。

 両親から引き継いで今年で4年目、農業はある意味、趣味みたいなところがあります。高い農機具、安い価格。しかし、人間形成の場としては計り知れないものがあるのではないでしょうか。今年からも更に励んでいきたいと思っております。